サインバルタ 神経障害性疼痛

神経障害性疼痛にサインバルタは効果的(50代/男性)

この体験談の要点:

 

●病状:神経障害性疼痛

 

●痛みは軽減できた

 

●吐き気や強い眠気

 

●1ヶ月2千円ほど

 

神経障害性疼痛にサインバルタは効果的(50代/男性)

私は、50代の男性で、大腸癌の化学療法を行っています。そのレジメンの中に、神経障害性疼痛をかなりの確率で誘発する薬剤を使用していました。主治医からも聞かされてはいたのですが、抗がん剤の効果であったり副作用というものは本当に人それぞればらばらなのですが、私の場合は特にひどく他の薬剤では効果が出なかったり、仮に出たとしてもそれほど十分な効果は得られなかったりとのことにより、今回サインバルタも利用してみることになりました。

 

始めは主治医からはなかなか他の薬剤では効果が薄いので薬剤師に何かいい薬はないか聞いてみたところ、本来精神疾患に利用する薬はあるがこの薬は神経障害性疼痛にも利用できるし、まだ年齢も若いので問題はないでしょうとのことで、サインバルタを進めているということも聞きました。

 

また、そのことに関しては主治医だけでなく薬剤師の方も直接指導にきていただきました。抗がん剤の副作用と思われる神経障害性疼痛に対して、漢方薬も含めるとこれまで数種類の薬を利用してきたのですが、この薬剤が一番効果があったのではないかと考えています。

 

100%完全に完治することはなかったのですが、他の薬に比べると痛みや神経痛、しびれは若干軽減できたのではないかと思います。ただし、吐き気や強い眠気を催すことがあり、他の薬と比べても効果はあるけれども辛い部分もあるなと感じました。ただし、あれだけ悩んでいた神経障害性の痛みを少しでも軽減できた部分はうれしかったです。

 

今回の薬にもやはり副作用と思われることはありましたが、今回の薬に限ったことではなく以前使用していた薬にも副作用はでていました。費用は合算の金額なので詳しくは分からないのですが、調べて見たところ、1日1回の服用でしたので、1ヶ月2000円くらいでした。

 

全体的な感想としては、確かにこの薬は副作用がありましたが、抗がん剤の副作用に比べると全くと言っていいほど苦にはなりませでした。むしろ、今までなかなか効果が薄かった神経障害性疼痛に対して効果があったので非常に満足しています。抗がん剤治療は出口の見えないトンネルを走っているようなものではありますが、そんな中でも少しでもやる気と希望をみいだしてくれたと思います。

→[サインバルタジェネリック]デュゼラの詳細・口コミはこちら